基本情報技術者の説明

基本情報技術者は、
情報システム開発従事者、プログラマーなどの
ソフト開発のプロを目指す人にとっての登竜門的資格です。

コンピュータだけでなく、様々な電子機器が氾濫する現在、
ハードウェアを支えるソフトウェア(プログラム)の開発や
保守・運用業務を担当する専門家は、今後更に求められます。

情報システムに関する専門家にとって、
最も権威のある資格が情報処理技術者試験であり、
その中でも入門者向けとされるのが基本情報技術者
試験となります。


ITが様々な場面で活用される現在では、
情報処理に関する業務は複雑かつ多様化
してきています。

それに応じて、プログラマーやエンジニア
といった技術者レベルだけでなく、
管理者レベルの業務も増えています。

そのため試験では、情報処理に関する
基本技術の一通りが範囲となります。

技術者・管理者の基礎スキルを認定する試験であり、
そのどちらの内容も習得できているかどうかが
合格の目安となります。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

平成21年度 イメージ&クレバー方式でよくわかる 栢木先生の基本情報技術者教室 栢木 厚 (著)
Excerpt: 平成21年度 イメージ&クレバー方式でよくわかる 栢木先生の基本情報技術者教室栢...
Weblog: 本ナビ!映画ナビ!音楽ナビ!3
Tracked: 2009-07-19 04:11
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。