ワークデザイン法


ワークデザイン法とは、
米国のジェラルド・ナドラー博士が創始した
システム設計手法のことである。

機能展開と理想システムの設計方針に従い、
現状の枠組み、制約を外しながら現実に
とらわれることなく、自由に発想し、
想定したシステムから、現実的なシステムへの
具体的な改善案を策定していく。

ワークデザイン法は、
現状を大きく変革し、革新的なシステムの設計を
可能にするので、企業のリエンジニアリングに
効果があると言われている。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。